親から子供に手相は遺伝してしまうの?

昔から手相といわれる占いの方法がありますし、手相占いに興味がある人も多いです。
手相というのは、左手と右手で全然線が違っていたりするということもありますし、他の人にはあるのに自分にはない線があるということもあります。
ちなみに、手相に興味を持っている人で、親から子供に手相は遺伝してしまうのだろうかと気になる人も多いです。
例えば、空気を読むことが出来ない人に出来るといわれるKY線というものがあるのですが、どうにか子供には受け継がれたくないという人も多いのではないでしょうか?
結論から言えば、手相が子供に遺伝をするということは原則としてありません。
実際のところ、親と子供の手相を見比べてみても、手相が全然違っていて共通点がないということが非常に多いです。
ただし、同じような生活をしていると、子供も同じような遺伝になってしまうということはあります。
例えば、両親ともに空気を読むことが出来なかった場合、子供も親を見て育ちますから、KY線が出来てしまう可能性は大いにあると考えることができます。
子供は親を真似るものですし、生活環境がかなり影響を与えてしまうものですので、親から手相が遺伝されることはなかったとしても、内面などが継承されてしまって、最終的に同じような手相になることは少なくないのです。
ですから、自分と同じような手相にはしたくないのであれば、子供に同じような手相にならないような生活を提供してあげることも大切ですし、自分を真似ないようにして配慮をしていくことも忘れてはいけないのです。
このように心がけることが出来れば、子供は親とは違った手相にしていくことも出来るようになるでしょう。

Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.